寒の戻り。

  • 工場

 

板干し場

 

 

横浜での展示会も終了し、

 

 

昨夜新潟に帰ってまいりましたがやはり寒いですね。

 

 

本日は朝から雪が舞う天候。

 

画像は今日撮ったものですが、雪が激しく降ってます。

 

ただ湿度が高かったため積もることはありませんでした。

 

 

今週末にかけて雪の予報ですが体調には留意したいものです。

 

 

 

 

それでも平年並みの冬。

  • 工場

 

板干し場

 

 

昨夜から今朝にかけて新たに20cmほど雪が降り積もったでしょうか。

 

加茂市内の積雪量は50cmほどです。

 

 

近年は暖冬の年が多いので50cmでも結構積もったなと考えがちですが、

 

私が子供の頃を思い出せばこんなものでは無かったと感じます。

 

 

新潟県内でも加茂市は雪が少ないほうですが…。

 

 

いずれにしても去年そして今年も平年並みの冬になりました。

 

 

 

 

 

さすがに寒い新潟。

  • 工場

 

板干し場

 

 

昨夜日本橋から戻ってまいりましたが、

 

やはり新潟は寒いですね。

 

 

雪は10cmほど積もったでしょうか。

 

冬はまだまだ続きそうです。

 

 

 

 

 

工場内は猛暑。

  • 工場

 

工場

 

 

今日も30度を越え連日暑さが続きますが、

 

工場の中は更に暑さが増します。

 

 

スポットクーラーを稼動させてますが、

 

この暑さではなかなか効いてくれません。

 

 

久しぶりに工場内を撮影してみました。

 

 

 

猛吹雪。

  • 工場

 

板干し場

 

 

今日の午前中は猛吹雪でした。

 

呼吸ができないくらい猛烈な風でした。

 

 

お昼近くに風は止みました。

 

が、激しい雪が夕方まで降り続きました。

 

現在の積雪は30cmほどでしょうか。

 

今朝は全く雪が無かったのに…。

 

 

明日も雪が積もりそうです。。。

 

 

 

浅野のからくり金庫箪笥

今年最後のブログです。

  • 工場

 

板干し場

 

 

昨日のブログで最後にしようかと思ったのですが、

 

今朝から雪が新たに降り積もりましたので、

 

本日の画像とともにブログを書いてみました。

 

 

…と言っても、これといった話題も無いのですが。

 

 

年始にかけても新潟県は雪が降り続くようです。

 

 

そして、私は雑務が残っておりますので、

 

年始も会社に来なければなりません(泣)。

 

 

さて今年もあと数時間となりました。

 

改めまして今年もお世話になりました。

 

来年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

また、こんなブログを読んでいただいてる方にも

 

御礼申し上げます。

 

いつもありがとうございます。

 

 

寒い年末年始になりそうですが、

 

どうかお身体に留意してご自愛下さいませ。

 

 

それではまた来年。

 

 

 

 

CM撮影

  • 工場

 

新潟県内にお住まいの方は

 

ご覧になったこともあるかと思いますが、

 

弊社は1年半くらい前からテレビCMを流しております。

 

 

放映しているのはBSN(新潟放送・TBS系列)のみでして

 

1ヶ月に10〜15回ほどでしょうか。

 

 

めったにお目にかかれない?レアなCMです。

 

 

現在、放映しているCMは

 

生放送の取材時のVTRから抜き取ったもので、

 

画像はあまり鮮明ではありません。

 

しかもハイビジョン対応しておりません。

 

 

そこで本日、新たに撮影を行いました。

 

…と言ってもCMの構図は基本的に変わっておりません。

 

 

今回撮影されたバージョンは

 

BSNで来年の1月1日〜7日の間に6本放映されます。

 

 

時間帯はランダムですのでご覧になった方はラッキーですよ。

 

 

焼桐仕上げ

 

 

 

匠の技

  • 工場

蟻組加工

蟻組加工

暖かい日々が続いておりますが、今日は特に暖かいですね。
しかし来週からは再び冬に戻りそうですが・・・

さて本日の画像は、天板部分のホゾを落としている作業を撮影しました。

匠の技が光ります。。。

整理整頓したい・・・

  • 工場

事務机

画像は私の事務机ですが、お恥ずかしい限りです。

整理整頓は心がけているつもりですがいつもこのような状態です。
こちらでタンスの図面を書くなど事務的な、どちらかというと雑務に近い作業を行っております。

出張前は一応きれいにしていくのですが・・・

でもこの散乱した状態も妙にいいんですよね。。。

焼桐仕上げ・・・

  • 工場

焼桐仕上げ
焼桐仕上げ
焼桐仕上げ

以前は桐たんすといえば「との粉仕上げ」が主流でしたが、
ここ10年くらいは全国的に焼桐仕上げが主流になりつつあります。

焼桐といっても通販などで見かける焼桐たんすは、
実際に焼いているのかはわかりません。
薬品でも焼桐っぽくなるようです。

当然、弊社でも焼桐のたんすは人気あります。
焼桐の色合いも様々あり弊社では現在7種類あります。
これだけの種類があるのはうちだけでしょう。

本日は丁度、衣裳箱を焼く作業がありましたので
画像に収めてみました。
本当はチェストやたんすの方が良かったかもしれませんが。。
更に言えば、画像ではなく実際にご覧頂くと一番良いのかもしれませんが。

焼桐仕上げ

焼桐仕上げ

焼桐はガスバーナーで焼き上げますが、均等に焼くのが重要になります。
一番下の画像が焼き終わった場面でして、この後すすを落とし
との粉を刷り込み、ろう仕上げをして完成となります。

焼桐って手間かかります。

4 / 512345
浅野のからくり金庫箪笥