今年最後のブログです。

  • 工場

 

板干し場

 

 

昨日のブログで最後にしようかと思ったのですが、

 

今朝から雪が新たに降り積もりましたので、

 

本日の画像とともにブログを書いてみました。

 

 

…と言っても、これといった話題も無いのですが。

 

 

年始にかけても新潟県は雪が降り続くようです。

 

 

そして、私は雑務が残っておりますので、

 

年始も会社に来なければなりません(泣)。

 

 

さて今年もあと数時間となりました。

 

改めまして今年もお世話になりました。

 

来年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

また、こんなブログを読んでいただいてる方にも

 

御礼申し上げます。

 

いつもありがとうございます。

 

 

寒い年末年始になりそうですが、

 

どうかお身体に留意してご自愛下さいませ。

 

 

それではまた来年。

 

 

 

 

CM撮影

  • 工場

 

新潟県内にお住まいの方は

 

ご覧になったこともあるかと思いますが、

 

弊社は1年半くらい前からテレビCMを流しております。

 

 

放映しているのはBSN(新潟放送・TBS系列)のみでして

 

1ヶ月に10〜15回ほどでしょうか。

 

 

めったにお目にかかれない?レアなCMです。

 

 

現在、放映しているCMは

 

生放送の取材時のVTRから抜き取ったもので、

 

画像はあまり鮮明ではありません。

 

しかもハイビジョン対応しておりません。

 

 

そこで本日、新たに撮影を行いました。

 

…と言ってもCMの構図は基本的に変わっておりません。

 

 

今回撮影されたバージョンは

 

BSNで来年の1月1日〜7日の間に6本放映されます。

 

 

時間帯はランダムですのでご覧になった方はラッキーですよ。

 

 

焼桐仕上げ

 

 

 

匠の技

  • 工場

蟻組加工

蟻組加工

暖かい日々が続いておりますが、今日は特に暖かいですね。
しかし来週からは再び冬に戻りそうですが・・・

さて本日の画像は、天板部分のホゾを落としている作業を撮影しました。

匠の技が光ります。。。

整理整頓したい・・・

  • 工場

事務机

画像は私の事務机ですが、お恥ずかしい限りです。

整理整頓は心がけているつもりですがいつもこのような状態です。
こちらでタンスの図面を書くなど事務的な、どちらかというと雑務に近い作業を行っております。

出張前は一応きれいにしていくのですが・・・

でもこの散乱した状態も妙にいいんですよね。。。

焼桐仕上げ・・・

  • 工場

焼桐仕上げ
焼桐仕上げ
焼桐仕上げ

以前は桐たんすといえば「との粉仕上げ」が主流でしたが、
ここ10年くらいは全国的に焼桐仕上げが主流になりつつあります。

焼桐といっても通販などで見かける焼桐たんすは、
実際に焼いているのかはわかりません。
薬品でも焼桐っぽくなるようです。

当然、弊社でも焼桐のたんすは人気あります。
焼桐の色合いも様々あり弊社では現在7種類あります。
これだけの種類があるのはうちだけでしょう。

本日は丁度、衣裳箱を焼く作業がありましたので
画像に収めてみました。
本当はチェストやたんすの方が良かったかもしれませんが。。
更に言えば、画像ではなく実際にご覧頂くと一番良いのかもしれませんが。

焼桐仕上げ

焼桐仕上げ

焼桐はガスバーナーで焼き上げますが、均等に焼くのが重要になります。
一番下の画像が焼き終わった場面でして、この後すすを落とし
との粉を刷り込み、ろう仕上げをして完成となります。

焼桐って手間かかります。

浅野のからくり金庫箪笥

だいぶ積もりました・・・

  • 工場

工場敷地内

工場板干し場

昨日は一旦雪が止み落ち着いたかと思いきや、昨夜から断続的に雪が降り続いてます。
積雪は40CMくらいに達したでしょうか。

寒く厳しい冬がまだしばらく続きそうですね。。。

告知です。忘れてました。
愛知県豊橋市の丸栄デパートにて展示会を開催中です。

お近くの方は是非ともご来場下さいませ。

伝統工芸士 斉藤敬二

  • 工場

伝統工芸士 斉藤敬二

本日は伝統工芸士の斉藤敬二をご紹介します。
ようやくですね・・・。

昭和29年(1954)生まれ(佐渡市出身)
平成3年(1991)浅野タンス 入社
経験年数 27年

入社と経験年数が合いませんが、
弊社に入社する前に何軒かの桐タンスメーカーに従事していたので
そのようになっております。

伝統的桐タンスを得意としておりますが、何でもこなせる職人です。

また、空手の有段者ですのでなかなか強いですよ。

さて、伝統工芸士3人をご紹介終わりましたので、
次から新たなネタを探さないといけません。
本当はもうちょっと引っ張りたかったのですが・・・

まだ弊社には様々な職人がおりますので、
そこら辺を載せていけば、まだネタ切れにはならないと思いますので、
宜しくお願い申し上げます。

伝統工芸士 山本隆

  • 工場

山本隆

本日は、伝統工芸士の山本隆をご紹介します。

昭和39年(1964)生まれ
昭和56年(1981)浅野タンス 入社
経験年数は27年です。

弊社の職人の中では最も仕事が早く、なおかつ精密に製作できますので
非常に重宝しております。
また、更生・再生たんすやチェスト・桐タンスまで何でもこなせる
オールラウンドプレイヤーです。

画像はもちろん本日の撮って出しです。

残る伝統工芸士「斉藤敬二」は月曜日にご紹介致しとう存じます。

ご期待下され。。。
 

誰もいない・・・・

  • 工場

工場1

工場2

本日は、あと二人の伝統工芸士を撮影したかったのですが、忙しくて気づいたら工場が終わってました。。。
しょうがないので従業員が帰ったあとの誰もいない工場を撮影しました。
でもこういうのも幻想的で結構いいかもしれないと思いつつ・・

基本的に、ブログにはその日に撮った画像を載せたいと思ってますので
ご了承下さいませ。

そういえば大事な告知を忘れておりました。
昨日から埼玉県川口市にあります「そごう川口店」にて新潟物産展を
開催中で弊社も出展いたしております。社長が行っております。
お時間ありましたらお立ち寄り下さい。
浅野タンスのみ別会場の8Fなのでお間違え無きよう・・・。

私も土曜日から行きますのでブログは明日書いたら、来週の火曜日か水曜日までお休みいたしますのでご了承下さい。

では・・・

伝統工芸士 坂井昭兵

  • 工場

坂井昭兵
本日は弊社の職人である伝統工芸士の坂井昭兵をご紹介いたします。
ホームページ上でもご紹介しておりますが改めて・・・

昭和30年(1955)生まれ
昭和46年(1971)入社 経験年数37年
現在弊社で最古参の従業員です。
伝統工芸士の他に1級家具技能士の資格も併せて取得しております。
伝統的な桐たんすはもちろん、弊社独自のからくり金庫たんすの製作を
得意としております。

画像は本日撮影したものです。後ろ姿が渋い・・・かな。

追ってまた後日、あと2名の伝統工芸士もご紹介します。
乞うご期待!!

浅野のからくり金庫箪笥